report Surprise Wedding!!! サプライズと一緒に届ける感謝の気持ち

WEDDING REPORT

 

結婚式をどうするか悩みながらも、最終的に行うことを決めたおふたり。

準備期間は1ヶ月。

ご家族やたくさんの方々にご協力して頂きながら迎えた、結婚式当日。

 

新郎新婦から家族へ、家族から新郎新婦へ、そして来られなかった友人からも。

それぞれの想いがカタチとなり、サプライズとして届けられた結婚式となりました。

 

 

パーティ会場で行われた、ウェディングセレモニー。

ご列席された皆様の前で、夫婦となる誓いを交わします。

 

新婦入場のエスコートは、お父様お母様へのサプライズ。

嬉しそうに腕を組むお父様、大切にベールダウンをしてくださったお母様の姿が、とても印象的でした。

 

 

おじ様おば様による親族紹介が行われると、会場が笑いに包まれて和やかな雰囲気に。

 

新郎新婦それぞれの妹様からは、サプライズのお手紙が。

身近な存在だからこそ、普段はなかなか言えない気持ちを手紙に込めて。

家族への感謝の気持ちを十分に伝えられるのも、近しいご親族様中心の披露宴ならではです。

 

 

ウェディングケーキは、テーマカラーのピンクでデザインされたロールケーキタワー。

 

ケーキ入刀後、新郎新婦のおふたりはお色直しへ。

家族に内緒にしていた、ネイビーのタキシードと、ピンクのドレスで登場しました。

 

そして、この日新郎様を一番驚かせたサプライズ。

こっそり隠れていた、職場の皆様が登場。

新郎新婦様に生演奏をプレゼントするために、会場に駆けつけてくださいました。

 

 

たくさんお世話になったおじい様おばあ様へ、ありがとうの言葉と一緒に花束をプレゼント。

突然の花束に、とても嬉しそうな表情を浮かべておられました。

 

その後、新郎新婦の前に登場したのは、特大のプレゼントボックス。

おばあ様からのサプライズです。

中から出てきたバルーンに会場が沸きました。

 

 

結婚式に来られなかったご友人の皆様からのメッセージムービー。

違う場所に居ても、おふたりをお祝いしたい気持ちは同じ。

その気持ちが集まって、新郎新婦とゲストの皆様を温かく包み込みました。

 

 

<お客様より>

 

新型コロナウイルスの影響で、一時は結婚式を延期しようと考えていました。

しかし、どうしても挙げたくて、シティホテルの皆様にご無理を言って結婚式をしようと決めてからは、1ヶ月という短い準備期間で、プランナーの上山さんをはじめ、たくさんのスタッフの皆さんに協力してもらい、無事に挙げることが出来ました。

 

また、上山さんに準備期間中いろいろアドバイスを頂いたりなど、打ち合わせの時、毎回ワクワクしてました。

 

式当日はサプライズだらけの結婚式で、何度も驚かされ驚かしで、結婚式をやって良かったと心から思いました。

泣き、笑いが沢山あった、とっても幸せな1日になりました。

 

私たちの一生の場を、上山さんに担当してもらえ、とても感謝しきれないぐらいです。

本当にありがとうございました。

 

Party          マーシー2010

Photo          三原屋写真館

Dress          ブライダルハウスとさき

Flower         中部花壇

Planner        上山朋美

 

一覧へ戻る

前の記事