report 遠い昔から結ばれたご縁の尊さと出会いに感謝する仏前式

WEDDING REPORT

 

~仏前結婚式~

 

何十億人の人々の中から、ただ一人を選び出し、生涯の伴侶とすることは、考えてみればとても不思議なことです。

それは昨日や今日の縁ではなく、遠い遠い昔から結ばれた、深い深い古にもよおされたものであります。

 

仏教のお釈迦様は「人は一人では生きていけない」と教えています。

 

私達の命は、今ここに、突然現れたものではありません。

両親またその両親と遡れば幾千人となります。

多くの人々の存在と出会いのおかげです。

そして今、私達の毎日はさらに多くの生き物との縁、めぐり合いによって支えられているのです。

 

仏前結婚式は、自分そして愛する伴侶、今ここにいることの尊さを感じ、支えてくれる多くの存在と出会いを感謝し、幸せを誓う儀式です。

 

 

<新郎様より>

 

シティホテルさんには長い間、準備等大変お世話になりました。

 

私共の場合、地元の隣町にて仏前式を行い、その後披露宴会場シティホテルに向かうというものでした。

着付け場所としてシティホテルさんを借りるなど、臨機応変な対応をして頂きました。

出立ちの際には、仏前式に合わせた音楽とスタッフ皆様のお見送りをサプライズされ、驚きました。

 

式と披露宴会場では移動距離があり、また、参加者がそれぞれ違うなど課題の多いものとなっていました。

しかしながら、経験豊かなプランナーの上山さんと一緒に考え、ゲストの皆様にご迷惑をおかけする事なく行う事が出来ました。

これまで招待状やバスの案内等を作成した事が無く心配なところでしたが、上手に手配してくださりました。

 

お食事に関しては、正直、当日は興奮冷めやらぬ披露宴後に食べたので、あまり味を覚えておりません笑

ですが予め別の日に試食をさせて頂いていた為、納得を持ってゲストに振舞う事が出来ました。

大変な御馳走で、美味しかったです。

 

コロナ禍という事もあり、私の気づかない部分でもお気遣い頂いていたかと思います。

その中でも、リモート配信については大変有難かったです。

県外の親族や友人達にも、雰囲気を感じてもらえる事が出来、式中でも祝福のメッセージがケータイには届きました。

 

いつも笑顔で対応してくださり有難うございました。

私が脱線して関係無い事を話し始めても、笑顔で聞いてくださっていました。

思い返せばなんとも有難いような恥ずかしいような気持ちです。

これからもたくさんの夫婦を幸せに見送ってあげてください、隣町からいつも応援しております。

私共も良い家庭を築いてまいります。

 

<新婦様より>

 

最初、結婚式のイメージがあまりなく、またコロナ禍ということで、どういう形で行うか不安なところからのスタートでした。

 

プランナーの上山さんには、相談のたびに私たちのぼんやりとした希望や想いを汲み取っていただき、何度も変更をお願いすることになってもいつも快く引き受けてくださったり、本当にお世話になりっぱなしでした。

 

式のイメージが固まっていくと少しずつ不安も解消され、二人とも当日を楽しみに迎えることができました。

 

美味しいお料理に、細かな準備、県外で来られなかった親族友人達とのリモートの提案と実施など、挙げるとキリがありません!

私たちの大切な方々を笑顔でお迎えしてくださった倉吉シティホテルのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

Ceremony   大廣寺

Party          レニー1981&マーシー2010

Hair Makeup  Vis.Classica

Dress     ブライダルハウスとさき

Flower     中部花壇

Planner    上山朋美

一覧へ戻る

前の記事